葵トーキング

ハムスターについて1「太く、短く・・・」

Pocket

こんにちわ。葵山優一です

実は僕、長いことハムスターを飼っております。

ハムスターの記録サイトもあります。
↓↓↓
ハムハム日記

是非ご覧ください。
可愛いですよー

と、いうわけで(?)

 

今回はハムスターについてです。

 

 

小学校の時、ハムスターがブームで友達が結構飼ってました。
アニメでとっとこハム太郎というのがやってましたしね。

(C)河井リツ子/小学館・SMDE・テレビ東京

 

ブームだとなんでもアニメになる時代でした。
あ、今もか・・・。

 

僕も小学生の時、飼っていましたが、1年くらいで死んでしまいました。
すごい悲しかったことを覚えています。

ハムスターって寿命が短いんですよね。
平均して2年前後。長くても3年しか生きません。

まぁネズミだから仕方ありません。
ネズミの寿命が長かったら大変です。

 

とっくに人類滅んでいます。

 

何故かといいますと・・・

例によって計算してみます。

仮にネズミの寿命が30年だとしたら・・・。

ネズミは1年でだいたい50匹生みます。(種類によって異なりますが)
3年フルに生み続けたら150匹を超えるでしょう。

「1匹で」です。

極端な話、150匹がそれぞれまた150匹生んだら・・・
とまあ、これがいわゆるネズミ算ですね。

しかし・・・、これが10倍の30年生きたら・・・。

 

ネズミ算ですから、10倍じゃ済みません!

地球上がネズミで埋め尽くされます!

ネズミの寿命が短かった事は人類にとって最大の幸運でしたね。
まぁ、寿命が短いからこそ、繁殖に特化してるのかもしれませんが・・・。
ハムスターの寿命が短いのは、ある意味幸運かもしれません。
何故なら、仮にハムスターが100年生きるとして・・・。
長く、観賞用として存在するハムスターはもはや野生では生きられず、長く生きるためには人間に飼ってもらうしかありません。

人間に飼ってもらう以上、基本的にせまいゲージで生涯を終えなければなりません。
人間でたとえるなら一生牢屋暮らしみたいなものです。

ネズミの本能は基本、探索・餌探し・子作り、あと寝るだけです。
飼われているハムスターは寝る以外をほぼ奪われていますから、だいたい生涯食っちゃ寝生活です。(ある意味とても幸せですが)

それを100年とか・・・。キツいですよね。

 

 

しかし、やはり3年は短い・・・。

 

なので僕は、限りある寿命でできるだけ楽しんでもらうため、いろいろ考えています。

パイプを使って色々模様替えをしてみたり。

階段とかで上り下りさせたり・・・。

あと、食事はハムフードだけでなく、色々食べさせています。
白米とか、麺類とか、肉とか魚とか・・・。
自分の食事から分けてますね。

家族に早死にするかもしれないぞと言われましたが、どうせ3年しか生きられないなら、毎日同じ食事より、色々と食べさせてあげたほうがいいんじゃないか? と僕は思っています。

自分に置き換えたら、どうですか?

 

A・牢屋で余命3年。毎日同じ食事。

B・牢屋で余命2年。毎日違う食事。

 

僕なら迷いなくBを選びますね!

 

太く、短く、です!

 

もちろん体に悪いカフェインやタマネギなどはあげてません。

あと、下痢にならないよう水分の多いものにも気を付けています。

 

 

 

最後に

 

長く飼っていて思いましたが、食事はあまり寿命には関係ないみたいですね。

前に飼ってたゴールデンなんか、色々あげてたのに3年以上生きましたし。

すっげえデカくなったし、なんでも食べるようになりました。

 

ハムが早死にする最大の理由は、やはり脱走ですかね・・・。

次回はそのあたりの話をしようと思います。

 

 

それでは、次回もお楽しみに!

ハムスター大好き! 葵山優一でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です